調理が難しい介護食は宅配に任せよう

宅配介護食が介護する側・される側、いずれの立場からもおすすめな理由とは?

音楽は身近にあります

音楽関係のお仕事は表舞台に立つ以外にも色々な仕事があります。
ここではライブ会場やレコーディングのお仕事、アーティストのサポートするお仕事を紹介します。
PAエンジニア/ライブの音響を操るエンジニアで、簡単に言うと色々なつまみやボタンを操作しながら、スピーカーから出る音を調整する人です。
照明エンジニア/曲目や演出によって「光」の演出を行うお仕事です。
舞台美術・特殊効果/大道具・小道具・セットを作る人で、スモークや火柱などステージ演出には欠かせないお仕事です。
イベント制作/イベントの企画、アーティストのブッキング(海外アーティストにオファーする際は語学力も必要)、告知などライブやフェスの運営を行う人です。
スタジオミュージシャン/レコーディングやライブの際にサポートする人で、高い演奏技術が必要です。
作詞・作曲・アレンジャー/音楽を作るうえでとても重要なお仕事で、アーティストの魅力を引き出すセンスが必要で、音楽プロデューサーとして必要な実績です。
プログラマー・マニピュレーター・サウンドクリエーター/DTM(デスクトップミュージック)と呼ばれる、電子機器やパソコンに直接情報を打ち込んで音を作る人の仕事です。
レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア/バランスや音色を調整して、最終的に音の品質を決めるお仕事です。
ローディー/アーティーストの楽器の、セット・調整・修理・片付けが主にメインのお仕事で、一昔前は弟子のような分類でボーイとも呼ばれていました。
マネージャー/アーティストのスケジュール管理やメンタル面でのサポートなど、担当者を最優先出来る人が向いている仕事です。
A&R/アーティスト・アンド・レパートリーと呼ばれ、レコード会社の職務の一つで、アーティストの発掘・契約・育成・楽曲企画提案・制作・宣伝と音楽に対して幅広い知識だけでなく、流行に対して敏感な人が向いています。

介護食なら忙しい現代人にぴったりな宅配はいかが?

介護食を見たり知ったりする機会は、大抵の方の場合、あまりないと思います。しかしこの高齢化社会では介護はどなたにとっても避けては通れないこと。 ですから現在の介護の状況の有無を問わず、誰もが介護食についての知識を持っておいたほうがいいと思われます。 ここでは介護食のおさえておくべきポイントをお伝えします。

介護する側にとって介護食は宅配が良い訳は?

介護食を作る大変さは、お伝えした通りです。それを踏まえて介護食は宅配にお任せするのが一番な理由をご紹介します。 その理由ですが、介護をする方だけではなく、介護をされる方にも実はあります。 ここではまず介護をする立場から介護食がおすすめな理由をお伝えします。

介護食と介護される側の気持ち

介護する側の負担を考慮すると、毎日の介護食をつくる負担はとても重いうえに、介護とは介護食を作るだけではないことはご紹介した通りです。 一方介護される側にとっても、宅配介護食が良い理由はもちろんあります! ここではなぜ介護される側にとっても介護食がおすすめなのかについて、ご紹介します。

▲ ページトップへ戻る